あなたの家は設置に向いている屋根ですか?

物理的な問題がないかを確認する

新しい発電の仕組みとして、太陽光発電が広まっています。事業レベルだ大規模にも行えますが、各家庭にパネルを設置して発電、そして自宅の電気として利用もできます。余れば電力会社に売電できる場合もあります。新築の住宅などは、設置するのを選定に設計、建設がされる場合もあります。以前に建てられた住宅の場合で、これから新たに設置したい場合があるでしょう。まずチェックしないといけないのは、物理的に設置が可能かどうかです。ソーラーパネルは一見薄くて軽そうです。実際は結構重さがあります。屋根の強度、住宅の強度などがパネルに見合うだけないと設置はできません。また、屋根の大きさが設置できるぐらい十分あるかです。設置できる部分が狭いと、それほど発電できない場合もあります。

日照時間と屋根の角度などとの関係

日本で日照時間が長いといわれる地域として、瀬戸内海地方があります。岡山県は晴れの国といわれるくらい昔から晴れる日が多い地域です。柑橘類やオリーブ等日差しが必要な植物も良く育てられています。一方、日本海側はあまり晴れが少ない地域です。ソーラーパネルを設置するとき、効率的に発電できる必要があるので、その地域の日照時間が重要になります。日照時間が十分にあるなら、いかに太陽光を受けられるかです。設置する屋根の向きと角度がポイントになります。太陽は東から南を通って西に沈むので、南向きに設置できるのがベストです。角度は30度ぐらいがベストとされていますが、その前後ならそれなりに発電が可能です。水平に近いと発電効率が落ちます。