さあ始めよう!太陽光でエコライフ

太陽光発電システムのしくみ

太陽の光を利用して電気をつくりだすシステムを「太陽光発電」と言います。まず、家の屋根や屋上など太陽の光が良く当たる場所に太陽電池搭載のソーラーパネルを設置します。このパネルは「太陽の光エネルギーを吸収して電気に変える」働きがあります。太陽電池で発電した電気はパワーコンディショナーと接続箱で集められ、実際に家庭で使用できる電気へと変換します。その後、分電盤を通して家中に電気が送られ、日常生活の中で使用できるようになるのです。太陽光発電システムは発電時に二酸化炭素や排気ガス、いわゆる「温室効果ガス」を排出しません。地球温暖化にも効果的なので、「未来の暮らしを支えるクリーンなエネルギー」として世界中で注目されています。

太陽光発電のメリット

地球環境に優しい太陽光発電ですが、メリットは他にもたくさんあります。その中でも「光熱費を大幅にダウンできる」という点は大きなメリットですね。日中、太陽光で発電している間は電気代がかからず、余った電気は電力会社へと売ることができます。夜間は電力会社から電気を購入することになりますが、夜間電力は電気の単価が安くなるプランがあるので、これを利用すれば効率的に節約することが出来ます。また、家に設置されたモニターで電気の使用状況がリアルタイムで分かるようになるので、家族みんな節電・省エネに対する意識も自然と高まりますね。そして、地震や台風などで停電になった場合も発電している電気を使用できるので、災害時にも安心です。